Loadingloading
Visualworks-G G@ck
  1. ホーム
  2. Gの構成元素
  3. 美しくかっこいいガールズバンドの魅力

化猫の生態

表紙-音楽

美しくかっこいいガールズバンドの魅力

ガールズバンドが好きなのは以前に記事で書きました。 > 続・ギャルバンへの興味が止まらない2019 < 前回は邦楽のイケてるギャルバンドをピックアップしましたが、今回は僕が過去にハマった洋楽のガールズバンドをご紹介。
日本のアイドルっぽいギャルバンとは違った正統派なカッコいいロックが満載です。

NO DOUBT

バンドの活動は1980年代後半に始まったものの、なかなか人気が出ず。長い下積み時代を経たのちに1995年発表のアルバム「Tragic kingdom」で大ヒット。
ポップロックをベースとした軽やかなメロディに、スカやレゲエの独特のリズムと、サイケやダンスの近代的なビートを掛け合わせた軽快なノリのいいサウンドが魅力のNODOUBT。
たしかに1990年代前半には新しすぎるサウンドだったかもしれない。 日本発の原宿文化”KAWAII”を世界に発信するポップカルチャーの世界的アイコン”グェン・ステファニー”が所属し、日本でも一時期大人気に。
個人的にはTragic Kingdom前後のスカパンクバンド時代が最もいい時代だったなと思っています。 公式サイト > https://www.nodoubt.com/ <

Garbage

目が印象的なバンドの紅一点”シャーリー・マンソン”率いる新世代のオルタナティブロックバンド「Garbage」
アングラで退廃的かつコケティッシュな雰囲気が魅力。 激しく歪ませたノイジーでラウドなサウンドとテクノやダンスのような強いビートのデジタルサウンドに、空間系の幻想的なサウンドが共存する高度に計算されて作りこまれているスマートな音楽性が特徴 10代の頃から音楽活動を始めていたシャーリーが、NIRVANAやThe Smashing pumpkins等のプロデューサーとして知られるブッチ・ヴィグの目に留まりプロジェクトが発足。
デビュー前からすでに注目を集めていた売れるべくして売れたバンド。
元々女優志望だったシャーリーは2008年の「ターミネーター」のTVドラマシリーズ「サラ・コナー クロニクル」で女優としても活躍しています。 公式サイト > https://www.garbage.com/ <

Veruca salt

ニーナ・ゴードンルイーズ・ポストのパワフルなツインボーカルとエッジの聞いたラウドなギターサウンドが魅力の女性グランジの代表的なバンド。
静と動の激しい緩急が特徴的なオルタナ/グランジらしい楽曲が多く、ゴスの要素を併せ持つスローテンポでアングラな音楽性が特徴的。 当サイトでも紹介したロックバンド”AmericanHI-FI”のボーカルステイシー・ジョーンズがドラマーとして所属していたバンドでもあります。 > SR-71とAmerican HI-FI < 1998年にニーナが脱退してしまったものの、ルイーズが中心となり新メンバー体制でバンドは継続。しかし2006年にニーナ自身が家庭を優先して活動休止。
2013年にニーナとともに結成時のオリジナルメンバーが再び集い、バンドが再結成され現在も活動を続けています。 バンド名はティムバートンxジョニーデップの映画「チャーリーとチョコレート工場」でも知られる児童文学「チョコレート工場の秘密」に登場するワガママな少女の名前が由来。
しかしルイーズは歳とらんな・・・

公式サイト > http://verucasalt.com/ <

The Corrs

コアー家の兄妹たちで結成されたアイルランドのフォークロックバンド。
ケルト音楽とポップスを融合させた爽やかで軽快なサウンドが魅力で、ストリングスを中心に編成されたグルーヴと三姉妹のキレイなボーカルに、バグパイプなどの民族楽器の音色が絶妙に融合している。 今は無きNoevirのCMソングにも起用された名曲「Breathless」
グラミー賞にもノミネートされ、収録アルバム「IN BLUE」は27ヶ国でプラチナディスクを獲得している。

Best of the CORRS

Paramore

2000年以降に登場したガールズバンドで僕が唯一ハマったバンド。
ポップロック的な軽やかな音楽性ながらバンドサウンド自体は程よくハード。
オルタナやパンク、エモを彷彿とさせるアップテンポで聞き易いメロディーで、しっかりしたロックを聴かせてくれるバンドです。 レーベルの先輩にFALLOUTBOYがいるため「フォールアウトボーイの弟分」と称されているらしい。
そう言われると、たしかに音楽性にFOBっぽさを感じるが何故に”弟”分なのか・・・?(妹分じゃないの?)

The Cranberries

1989年にアイルランドで発足したオルタナティブロックバンド。
vo.ドロレス・オリオーダンの”ヨーデルでこぶしをまわすような独特の歌い方”が特徴的。
政治的なメッセージで大ヒットを記録した名曲「Zombie」のような硬質でハードなオルタナティブロックがある一方で、日本でもCMソングとして起用されてよく知られている「Dreams」のような、アイルランドらしい雄大で幻想的な空気感の漂う爽やかな楽曲も多い。 2018年中心人物であるヴォーカルのドロレスが46歳という若さで逝去しバンドは終焉。
アイルランドの大統領が「アイルランドの音楽界にとって大きな損失だ」と語り、U2やsmashingpumpkinsのビリー・コーガンが追悼の意を表明するなど、彼女の死は世界中に衝撃を与えた。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ARCHIVES