NowLoading...

NowLoading
  1. ホーム
  2. Gの構成元素
  3. 現代っ子は知らない!?チャイニーズホラー「キョンシー」
chanshi

リテラシー低くても映画は観たい

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena
  • pocket

現代っ子は知らない!?チャイニーズホラー「キョンシー」

中国に伝わる伝承で、死体を故郷に送り返すため”道士”が呪術によって死体を歩かせたのが始まりとされる中国の妖怪。
ジャッキーチェンの映画でもよく知られているアクション俳優”サモハンキンポ―”が監督を務めたアクションホラー「妖術秘伝・鬼打鬼」を元に制作されたキョンシーシリーズの原点「霊幻道士」が大ヒットしてブームの火付け役となり、霊幻道士のヒットを受けて台湾で制作されたファミリー向けのキョンシーシリーズ「幽幻道士 キョンシーズ」も大きな話題となり1980年代に一世を風靡しました。
日本での人気が凄まじく、幽幻道士シリーズのヒロイン”テンテン”は国民的アイドル並みの人気を博し、社会現象になるほどの一大ブームを巻き起こしましたが、もう30年以上前の作品なので現代の子供たちはおそらく”キョンシー”という存在自体を知らない子も多いでしょう。

キョンシーとは… リーパイロン 中国の伝承にある人間の死体の妖怪で、死後腐乱することなく人間の血を求めて彷徨い歩き、キョンシーに噛まれると噛まれた人間もキョンシーになってしまう。中国版のヴァンパイアといったところ。(ただしこのイメージは映画から広まったもの 以下映画での設定↓)

肉体が硬直しているため普通に歩くことができず、両足を揃えた状態でピョンピョンと跳ね回り、ヴァンパイアと同様、日光と鏡が苦手で、満月の夜は狂暴。
人の呼吸を察知するため息を止めると気づかれないが、キョンシーに影を踏まれると身動きが取れなくなる。

道士のお札を額に貼ることで動きを制御できるが、凶暴化したキョンシーは自ら呪縛を解くこともある。
生の餅米でキョンシーから受けた傷を治療できるほか、桃の木を削って作った聖剣や、清めた銭に弱いため物理的なダメージを与えられる。

霊幻道士

ジャッキーチェンの映画やデブゴンで有名なアクション俳優も務める”サモ・ハン・キンポー”が監督を務めた「サモハン・ホラー」シリーズを元に生まれたキョンシーホラーの原点。

ピョンピョン跳ね回る姿や影を踏まれると動けなくなる設定はこの映画から生まれたもので、人の生き血を求める吸血鬼としてのキョンシー像を作り上げたパイオニアです。

凶悪なキョンシーの恐ろしさが際立つホラー映画の雰囲気と香港映画らしいコメディタッチな場面が共存するホラーコメディ。
ワイヤーアクション満載でキョンシーと戦うガウ道士のカンフーアクションが迫力満点です。
霊幻道士シリーズの主な登場人物は何人かいらっしゃいますが、作品ごとに役柄が変わったりするのでずっと変わらず活躍するのが、主人公のガウ道士(ラムチェンイン)。とにかくクールでメチャクチャ強い。眉毛が太い。 ラムチェンイン この作品実はファミコンでゲームにもなってます。高難易度の激ムズゲーです。

ラムチェンイン主演のシリーズは8作めまでですが、それ以降もシリーズは11作ほどまで続いていて、2013年に霊幻道士とはタイトルされていないものの、リブート作品が公開されました。

関連記事

もっと見る

Gの構成元素 でよく読まれている記事

人気記事TOP10