Loadingloading
Visualworks-G G@ck
  1. ホーム
  2. Gの構成元素
  3. 弱肉強食 セッション

化猫の生態

弱肉強食 セッション

2014年 監督・脚本: デイミアン・チャゼル 主演: マイルズ・テラー
第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞
2016年「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞6部門を受賞し、世界的に注目を浴びることになった新鋭の監督デイミアン・チャゼル。
ラ・ラ・ランドを制作するための資金を得るために制作した作品らしいですが、どう考えてもこっちの作品の方が圧倒的に面白いです。

あらすじ

アメリカ最高峰の音楽学校シェイファー音楽院の初等科に通うアンドリューはある日、最上位クラスを指導するフレッチャーに引き抜かれ、彼の指揮するバンドのドラマーとして加入する。
しかし、フレッチャーは非常に短気で暴力的な人物。
少しでも気に入らない演奏をすると平気で人を殴り、手当たり次第に物を投げつけ、何の説明もなく突然クビを言い渡す。
そんなフレッチャーのバンドになんとか食らい付いていこうとアンドリューは孤軍奮闘していく・・・

登場人物、特にバンドの指揮者 フレッチャー(J・Kシモンズ)の強烈なキャラクターが圧倒的。
あり得ないくらい理不尽で暴力的、終盤にかけてだんだんとイイ人になっていくのかなと思いきや最後の最後までクソヤロウでしたww
主人公のアンドリューは反抗しながらもフレッチャーの確かな才能に惹かれて彼の横暴にも耐え続けますが、フレッチャーのあまりの理不尽さに一度は彼の元を離れます。
最終的には良い関係になるのかとおもいきや・・・

音楽をテーマにした作品ですが、アンドリューとフレッチャーという2人の対立と攻防を描いた人間ドラマが見どころ。
人間ドラマなのに、終始ハラハラしてしまう心を揺さぶられる作品です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ARCHIVES