Loadingloading
Visualworks-G G@ck
  1. ホーム
  2. Gの構成元素
  3. 夢に立ち向かう勇気をくれる傑作 コヨーテアグリー

化猫の生態

夢に立ち向かう勇気をくれる傑作 コヨーテアグリー

2000年公開 監督:デヴィッド・マクナリー 制作:ジェリー・ブラッカイマー
主演:パイパー・ペラーボ 出演:アダム・ガルシア


ニューヨークのイーストビレッジに実在するクラブに着想を得た G・ウェンドコスの脚本を「フラッシュダンス」をはじめ「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどで知られるハリウッドのヒットメーカー ジェリー・ブラッカイマーが製作した青春サクセス・ストーリー。
「コヨーテアグリー・サルーン」は映画での成功を受けて全米やヨーロッパへのチェーン展開をはじめ、日本にも大阪や六本木などに支店が存在します。

あらすじ

ニュージャージー州サウス・アンボイのピザ屋で働くヴァイオレットはソングライターになるためにニューヨークへと旅立った。しかし、引越し早々空き巣の被害にあってしまい金が底をつく。そんな時、ヴァイオレットは偶然入ったダイナー(大衆食堂)で景気よく金を使う女達を見かける。彼女達がクラブ「コヨーテ・アグリー」のバーテンダーだと知ったヴァイオレットは、バーの扉を敲く。しかしそこは、バーテンダーがカウンターで踊りまわる過激なバーだった。


夢を真摯に追い求める大切さと現実に立ち向かう勇気をくれる作品です。
バーで流れる往年のヒット曲やソングライターを目指す主人公が歌う楽曲など、作品を彩る音楽が重要な役割を果たす素敵な映画です。
作中で使用される音楽の多くはグラミー歌手”リアン・ライムス”によるもので、主人公の歌う曲はリアンライムス本人が吹き替えを担当しています。映画のラストにはご本人も本人役で出演。
リアンライムスの楽曲がスバらしくいいのはもちろんですが、
公開当時人気のあったバンド「CALLING」や「VERTICAL HORIZON」などが主人公の対バンのラインナップに実はちょい出演しているのが、個人的にはすごくツボでした。
サウンドトラックが秀逸。音楽映画が好きな方は必見です。

コヨーテ・アグリー サウンドトラック

1. Can’t fight the moonlight (LeAnn Rimes) 2. Please remember (LeAnn Rimes) 3. The right kind of wrong (LeAnn Rimes) 4. But I do love you (LeAnn Rimes) 5. All she wants to do is dance (Don Henley) 6. unbelievable (EMF) 7. The power (SNAP!) 8. Need you tonight (INXS) 9. The Devil Went Down to Georgia (The Charlie Daniels Band) 10. Boom Boom Boom (Rare Blend) 11. Didn’t We Love (Tamara Walker) 12. We Can Get There (Mary Griffin)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ARCHIVES