Loadingloading
Visualworks-G G@ck
  1. ホーム
  2. 技術備忘録
  3. SpritePacker VS TexturePacker

化猫の生態

SpritePacker VS TexturePacker

UnityでAtalsを作る際に必要になってくるパッキングソフト。
Unityに標準で入っているSpritePackerに欲しい機能が無い場合、TexturePackerを導入にすべきか迷うところ。
SpritePackerとTexturePacler 各々のメリット、デメリットをまとめておきます。

SpritePacker

メリット

  • 無料
  • 圧縮云々の知識が無くてもとりあえず使える

デメリット

  • パック結果がコントロールできないので、画像の管理が難しい。

    計算上512pxで収まるはずなのに、なぜか1024pxになったりする。
    縦横比が崩れる。

  • ちょっとした変更のたびにパックしなおすのでAtals内の配置が変わる。
  • 圧縮方法がtruecolor、16bit、compressedのみ

TexturePacker

メリット

  • Unity外で画像の管理ができる。
  • 圧縮方法の選択肢が豊富(導入には工夫が必要)
  • パッキングの方法を細かく設定できる。

デメリット

  • 有料
  • UnityのVr.に依存する。
  • 日本語非対応。(解説しているサイトもほぼない)
PVアクセスランキング にほんブログ村

ARCHIVES