Loadingloading
Visualworks-G G@ck
  1. ホーム
  2. 技術備忘録
  3. LightRoomが優秀すぎる

化猫の生態

LightRoomが優秀すぎる

先日、お子様の描いた絵を補正するという作業をしたのですが、スマホで撮ったらしく元絵が暗く、彩度も低く、
極力原画のディテールを変えないようにとのオーダーだったため非常に苦労しました。
Photoshopで頑張って補正作業してみてもなかなか思うような色が出ず、試しに”LightRoom”を使ってみたらPhotoshop使うよりも断然楽だったので、備忘録を残すことにしました。

sample
画像は取り急ぎ制作したサンプル。依頼画像は色鉛筆の手書きでした。

全体的に暗いので単純にトーンカーブであげようとすると、明るい部分が飛んでしまいます。 tonecurve 背景の紙の白がくすんでしまっているために色を出そうとすると背景が暗くなり、背景を明るくすると手描きの色が飛んでしまうという・・・
line おまけに暗い部分の背景と手書きの黒いラインの色が近いので、一緒に飛んでしまいます。。。

Photoshopだと、明るい部分と暗い部分でマスクを作って別々に補正するというのが一般的かと思われますが、結構時間がかかります。 layer ーーで、これをLightRoomで作業してみます。


LightRoomに読み込んだ画像を試しに自動補正してみます。 auto 結果としてはPhotoShopで一律トーンの調整した感じに近くなるかと。若干暗さは残りますね。
それでも元絵のディテールはきちんと保持してくれてます。 def スライダーをいじって微調整して概ねいい感じに。 slider 次にやっぱりマスクで暗い部分だけ上げてみます。
グラデーションマスクでエリアをざっくり作ってみると・・・
なんてことでしょう! 超簡単に写真が明るくなりました。 grade さらにスライダーをいじって微調整。 toneslide2 この間およそ10分。
photoshopでなんども調整レイヤー作って、マスク作って、やり直してで2〜3時間無駄にしたのが馬鹿馬鹿しくなるほどあっさりと、欲しいものに近い画像に調整できました。

比較
PhotoshopとLightRoomの比較画像。頑張ったPhotoshopの補正に対して、さほど頑張ってないLightroomの画像。遜色なし

CCにバンドルされているだけのお手軽ソフトだと思ってナメてました・・・
PhotoShopでどうにもならないと思ったらLightRoomでいじってみるのも手ですね。
(多分頑張れば同じこと・・・・というかそれ以上のことがPhotoshopにはできるんですが、面倒なんで・・・)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ARCHIVES